時代に合った永代供養とは

永代供養という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

永代供養とは、永代にわたって供養や管理を寺院が責任をもって行ってくれることをいいます。

お墓参りをする人がいなかったり、事情があってお墓参りができない等の理由から永代供養墓が存在します。

このお墓は、一般的には他の人と同じ墓や納骨堂に安置されるようになっているのが特徴です。



そのため墓石代がかからず、一般的な墓と比較してみても費用を抑えることができます。



管理費なども比較的に安く設定されており、一度全ての費用を払ってしまえば、後々支払いが発生することがありません。


今の時代は、このような新しい方法を選ばれる方も増えてきています。少子高齢化社会の影響により、代々受け継がれる墓の管理が難しくなっているのが現状です。
承継者のいない墓が問題となっている中で、こういった永代供養墓の存在に大きな注目が集まっているのです。


近年では終活という言葉も多く聞かれるようになりましたが、子供や孫への負担を減らすための方法の一つとして選ばれています。


寺院が運営していることもあり安心してお任せすることができますし、宗派などの制約もありません。

また生前に購入することができますので、このような方法を希望する高齢者の方が多いと言われています。

永代供養墓と個別墓といえば情報満載のサイトがたくさんあります。

命日はもちろん、お彼岸やお盆なども毎年責任を持って供養をおこなってもらえます。

最近では都市部だけでなく地方でも、永代供養の必要性が求められています。